2015年10月28日

かわいそうだったアニーちゃん

IMG_0236.JPG
かるちゃんです。

アニーちゃんは、ガリガリ、ノミ ダニだらけの体で 
離島の保健所に収容されていました。
保健所から出してもらってからは、 
以前ロンちゃんがお世話になってたお家にホームステイして、
お留守番はあるけど、
夜は、父さん、母さん、お姉ちゃんの3人にベタベタ甘えたい放題。
父さんのお布団で一緒に寝かせてもらったり、
買ったばかりの布団の綿を出しちゃったり、
それなりにいたずらも楽しみながらの一人っ子生活を満喫していました。

でも、10月の譲渡会で 残っちゃったワンコが多くて、
アニーちゃんの預かりさんに、他のワンコを預かって頂く必要が出てきました。
・・・で、アニーちゃんは、気に入ってた前のお家から、
犬の合宿所に引っ越しすることになったわけ。

たくさん友達出来るかな〜って、期待に胸を膨らませて 
わあ〜い、と合宿所に飛び込んできたアニーちゃんを迎えたのは、
ここの 気難し屋の黒柴オジサンと、シュナおばさんの冷たい視線と、
犬は好きじゃないイマリちゃんの、いじわる攻撃でした。

アニーちゃんは、いきなり可哀そうな女の子になってしまったのです。
お顔はいかつくて強面だけど、気が小さくて弱虫のアニーちゃんは、
いつもおどおどして、隅っこに逃げ惑ってる感じ。
預かり母さんが合宿部屋に入ると、
ハアハア言いながら 「助けて、助けて〜。ここから出して〜」って、
預かり母さんに抱きついてくる毎日になってしまったのです。

そんなある日、いまりちゃん希望の優しい家族が、
いまりちゃんに会いに合宿所に来られました。
すると アニーちゃんが、おばあちゃまの膝にさっと乗って、
「お願い、私を連れてって〜!」って、おばあちゃまに抱きついて、
かなり強引に、直接お願いしてました。

アニーちゃんの必死の直談判の結果、
その家族は いまりちゃんか、アニーちゃんかで悩まれて
まずはアニーちゃんでトライアルを始めてみることになったというわけ。

そして今・・・、アニーちゃんは 可哀そうな女の子ではありません!
おばあちゃまと一緒のソファでテレビを見ながら寝るだなんて、
甘えんぼさんにとっては最高の、夢のような生活をゲットしたわけです。
あ・・・、いえ、「ゲットできるかも・・・」なのです。
 追記→アニーちゃん、本当のおうち、ゲットしましたよ〜!
   イマリちゃん、ごめんよ・・
posted by はにー at 12:54| 大阪 ☀| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする