2016年05月09日

こにゃんこにゃんにゃん💦

1462773480556.jpg

1462773490326.jpg

こにゃんこ祭りになりそうな〜
こないなちっちゃいのん ぜーんぶ違う柄の4兄弟姉妹 
も少しおっきくなって 譲渡会参加しちゃいます
詳しくは・・また・・

こにゃんこ可愛くって もうメロメロなすみれちゃんでした
posted by はにー at 15:05| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らしからぬ柴犬 琥珀君と・・・

こはく1.JPG

本当に穏やかで優しい 琥珀君
柴犬好きには たよんない〜ですか〜って感じなの
若くて元気 文句も言わず 男前
なーんにも 心配する事のない 柴犬琥珀君
ただ・・何故かはわかんないんですけどね〜
お耳が聞こえにくいのと 片方のお目目が見えにくいんですって
でもね 預かりさん宅で 何の問題なく普通に暮らしています

コハク.JPG

ボクと一緒に 幸せに暮らそうよ
譲渡会 会いに来てくれたら嬉しいな


それから・・・
もう1匹 柴わん が 新しい家族を探しています
8.4キロの小柄な男のコ
いつでもナデナデして貰えるように
シャンプーだって 済ませました
このコは今 行政の施設に居ます
このコも穏やかな 優しいコです
ただ・・現在預かりさんが居ないので
次回の譲渡会に参加出来るか 微妙なんです・・
譲渡会に参加して 運命の出会いを見つけたいのです
しばらくの間 預かりママになっていただけないでしょうか・・


皆 幸せになって欲しい すみれちゃんでした



posted by はにー at 14:50| 大阪 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石垣チマチマ隊のザ・ピーナツ

猫部に今だけ進出きのこです。
石垣チマチマ隊。4月上旬に捨てられていて、収容されたときの体重は、
大きい組220グラム、小さい組150グラム。
ちっさ!
chimachima3.jpg
(これは、ちっさいときの画像。今はこんなにちっさくない)

今は500グラムレベルです。もうすっかり猫らしいですよ。
今は、ダッフィーがお世話になっていた大阪のままさん宅でお世話になってます。
(あの「動物が好きすぎる」娘ちゃんがいるお宅です(^o^)
4頭もいたら思う存分可愛がれたことでしょう。まだ足りない??)
chimachima4.jpg
大きい組は、いちはやく離乳食を卒業して、カリカリとパウチ(子猫用猫缶)を食べられるようになり、
2頭揃ってトライアルに出発しました。

小さい組(茶々さまとエリカ様)は、まだ合間にミルク飲んだりして、チマチマしてますが、
もうそろそろ猫らしくなってあと数日でカリカリとパウチに移行できそうですから、
本格的に里親さん募集です。

カリカリとパウチは腹持ちがいいから、一日2回の食餌でよくなります。
トイレは、生まれながらにちゃんとトイレでできます(猫って楽やね)

犬派?だけど家には猫ずもいるきのこの結論
「猫は2頭で飼ったら楽」断然お勧め二頭飼い。
獣医さんも推奨(これほんと。知らなかったのは私だけ?)。
chimachima5.jpg
なぜなら、猫どうしでワチャワチャ遊んでますから手もかからず、
留守番させても心配なし。
これが3頭になると、急に「誰と誰が合わない」とか「トイレの掃除が大変」
とかになるんですが、2頭だと、いいとこどりです。

姉妹だとお揃い感もパッチリ。
ザ・ピーナツ(古っ)という感じで色違いの首輪なんかつけたら、超カワイイです。

15日は高槻市保健所の猫部で待ってます。

【きのこ的解説】
サビ猫(ほぼ皆女子、三毛の一派)は、シマシマ犬と同様
「好きな人はとても好き」というマニアック柄です。
多分、シマシマ犬好きな人はサビ猫も好きと思う。
とくに今回のチマチマ隊は、顔の柄の入り方がとてもマイルドで可愛い。
一般受けするサビ猫です(笑)
きのこ家と猫友家統計によると「とっても女子らしい性格のコ率高い」。
女子的とは、学級委員みたいな(^_^;)
同居猫が困ったはめに陥っていると
「センセ、何々ちゃんが困っているから助けてあげて」と言いに来るタイプみたいな。
顔の柄が「いつも真面目」風に見えるんですね。
でも結構「やるときはやる」よ。
解説になってない(^_^;)
posted by はにー at 12:00| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業犬 その2

16-05-09-02-43-10-946_deco.jpg
大阪府、要治療犬
初代のダックス『とうくん』です
職員さんもダメ元な感じで奥から連れて来られた『とうくん』
ガリガリ・ボロボロ・ヨボヨボで、典型的なかわいそうな風貌でした。
連れて帰るとビッチビチのシャーシャーうんち
病院に行くと、現・首相同様のお腹の病気だとか……
難病で治療のしようがないとのこと
そんな体にも関わらず、とうくんがかわいいからと、預かりさんから、里親さんになって下さいました。
こちらのご家族は、わんこ初心者で、難病抱えた子はなかなか大変やなぁと思っていましたが、なんのなんの心配ご無用!
うまいこと飼って下さって、それこそ今ではピチピチピカピカボーイになりました
公園ではボールを追っ掛けて走り回ってるとか
どんどん若返って、顔付きもオッサンからお兄ちゃんになってます
こんな幸せ報告もらって嬉しいワリオでした〜
posted by はにー at 02:45| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする