2017年01月17日

シアワセ報告番外編 官兵衛

こんにちは。個人保護主のきのこです。
3年前のバレンタインディにやってきた、とんでもないプレゼント(T_T)官兵衛。
当時、大河ドラマで「軍師官兵衛」やってたんですね〜。
kanbeikuchupaku.JPG
放し飼いにしている犬が交通事故に遭い、道端で動けなくなっているのを通報してもらって、収容されてました。
「脚が骨折しているらしい」というので「脚くらいつないだらええ」と送ってもらったけど、折れているのは背骨でした。
しかし一旦来てしまったものは戻せません。
(しかも、いい赤いシマシマでしたし)
カンパが集まり、背骨を「儲けなし」でつないでくれる獣医さんも見つかり、高価なチタンのプレート入り犬となりましたが、事故から時間が経ちすぎていたため下半身の麻痺は戻らず。でも「お座りしたまま移動」から「腰をあげて移動」に進化しましたよ!
kanbeitoyuri.JPG
「車椅子の野生児」として売り出すも、きのこ史上初の「申込みゼロ件」でした。
後ろ足が動かないのは車椅子(これもプレゼントです)で補えますが、オシッコ問題(圧迫排尿で詰まらず出ますが、絞り切れず常時チョロ漏れ。しかも「オムツはむしりとるぜ」という野生児)と、野生児問題(「ワシは島で一番強かったんじゃ」とオス犬に喧嘩売る)などが敗因のようです。

事故当初は消化機能もおかしくて、小腸性下痢が月のうち半分以上、しかもこれまたコントロール不能、更にその上を動き回るので部屋中下痢まみれ。犬も。これはたまらん!という情況でしたが、なぜかおさまってます。

そういえば、オチンチンが出たまま引っ込まない問題はいつの間にか改善(皮を縫い縮めて「これで出ないだろう」と思ったら勢いよく出ていたのも懐かしい思い出)
体温調節機能なし、なので暑いときは熱く、寒いときは冷たくなる、しかも暑すぎるのを感知する機能も故障しているのか、日向に出しておくのは危険。(自分で日陰に入る機能もない)

山ほど必要な「薄手の粗品タオル」を募ったところ、皆さん集めて下さり、しばらくタオルのことは悩まなくていいようになりました。(「タオル長者」と呼んで下さい)

当時推定2〜3歳くらい?今5〜6歳くらいなのか。この先どこまで生きるのか、太く短く生きてくれたらいいような気もします(え?冷たい?だって〜正直大変なんだよ)
kanb201602.jpg
色々と問題はありますが、すっかり甘ったれ男になりそれなりに暮らしてますので、一応「シアワセ報告」でいいのかな?
官兵衛応援隊の皆さま、官兵衛は元気です。ありがとうございます!

(なお「是非私が飼いたい」という方がいれば喜んで譲りますが、そんな人いないわね)
posted by はにー at 13:05| 大阪 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする