2016年02月25日

ナイル、普通のかわいい犬です

こんにちは、きのこです。

浦ちゃんのお母さんナイル、明日大阪上陸の予定です。
現地の預かりさんから、預かりさんちの犬と遊ぶナイルの動画が届きました。
(黒いコは預かりさんちの犬です)

このブログにうまくアップできるのかわかりませんが…。
見ていると、これが数日前まで保健所にいた犬だと知らなければ、
ごく普通の家庭犬二頭が遊んでいる動画にしか見えません。


保健所の犬、迷子の犬も、私が散歩で会うごく普通の犬と何も違いません。
とくに保護犬だからひねくれているわけでもなく、保護犬だからえらいわけでもない、
普通の犬です。
ただ、本来の飼い主が判明しないだけで。

ナイルは幸い預かりさんが申し出てくださったので保護できました。

すみれちゃんも書いてますが、どうか沢山の方が犬を預かって下さり、
終の棲家に送り出せるよう、または次の預かりさんに移動するまでのバトンをつないで下さるよう、
「こんなこんな犬なら預かれるよ」とご連絡を待っています。

そして「預かったらいいコすぎて手放せません」
といううちのコ宣言は、大歓迎です!(^o^)
posted by はにー at 20:03| 大阪 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今まで、バロンくん、ハイジさんなど9匹の預かりをしてきました、ハリーのママです。
保護犬と聞くと、やはり、皆さん良いイメージを持たれていないですよね。
よく預かっていて言われた事があります。
また、うちの前に貼っているポスターを見て子供たちが「保護犬なんか、もらったらあかんねんで」って言っていたのを覚えています。
まだまだ保護犬に対する理解が日本は出来てないと痛感します。
もちろん、預かりした子の中には人間を怖がってブルブル隅っこで震えていたり、悪い事ばかりしたり、逆ギレして噛み付いてくる子もいました。
しかし、決して保護犬であるその子が悪いんではなく、前の飼い主さんがその子をほりっぱなしにしていたり、しつけが悪かったり、一時的に人間不信であったり、そういう様々な事がその子を今かえてしまっているだけであって、愛情を持って接してあげる事で、保護犬でも、なんら他のワンコ達とかわりはない事をみんなにわかって欲しいですねー。
普通のワンコです。
私も今は家庭の事情で一時預かりを休んでいますが、また預かりを再開したら、どんどん保護犬達の本来の姿を啓発していきたいです。
Posted by ビーグル犬ハリーのママ at 2016年02月26日 11:32
ハリーのママさん…私の周りも、私が実際に警察から引き取って預かってきたときは「えーっっ」みたいな感じでした。数年前。それから数年、周りが慣れて、里親さんになってくれる人が増えました。自分も、多分、前の犬が死んで心に穴が空いていた時でなかったら、引き取ってなかったと思います。そもそも引き取りに行ったとき「えーっこの犬デスカっっ。思っていたよりボロボロだし、でも警察の人の目が『よかったよかった』と言っているし、今更要らないとは言えないわ」と連れて帰ったんです(それが可愛いカワイイきのこちゃん)。実際に預かったり引き取って、最初怖がりでボロボロだった犬が普通の可愛い犬になっていくことで、周りも「保護犬も普通の犬だね」と納得しくれるんだと思います。
預かれる状況になりましたら、ぜひぜひ再開してください。それまでも宣伝部長で頼みます(^_^)/~
Posted by きのこ at 2016年02月26日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: