2017年02月28日

きんつば君の瞬膜

個人保護主のきのこです。
IMG_1186.JPG
(写真は、「病院到着時は超怖くてブルブル震えて腰が抜けちゃったけど、付添いの面々と待合室の床でくつろいでいたら平気になってきた、きんつば君」この後付添いの面々は帰ったけど半日入院もちゃんとできた。えらいぞ、きんつば)

今日はきんつば君の去勢と一緒に、チェリーアイ(目頭のところのぷっくりした粘膜が、普通以上に盛大にぷっくりぷりぷりになるやつ)の手術でした。
手術してみたところ、思っていた以上に広い範囲に広がっていて、しかも炎症も長らく放置されていたのか組織の状態も良くはないみたいで、「一般的なチェリーアイの手術をしたけど、終わって麻酔からさめたら、あんまり変わってないように見えてガッカリしました。しばらく様子を見て改善しないようなら、瞬膜全体の切除をしなおさないといけないかもしれません」と言われて「仮釈放」となりました。

教科書どおりならば、一発ですっきりイケメンになっているはずらしい。

「うーーん、まぁたしかに、美容整形的にはあまり改善してないか」

でも本犬的には「終わったおわった、さあ帰ろう」的にウキウキ陽気でしたので、今日のところは、まぁいいか、みたいな情況です。

なんともないほうの目はパッチリかわいいので、成功したら美形なのは間違いないのだけど、今は…ちょっと残念顔なのは否定できません。
しかしずっと「あかんべ〜」状態ではキムタクやディーン様でも、こんなもんでしょう。

あっ、そういえば去勢のほうの説明は、何も言われなかったし、こちらも聞くの忘れた。

金曜日にまた通院して診てもらうことになり、今晩から、動物病院に近いあんこ家に下宿です。

保護当時は、表情もなくて暗〜い目つきでしたが、今日会ったら、たいへんな手術の後でも、陽気に尻尾ふって笑ってましたので、心のほうは、瞬膜より一足はやく治りつつあるみたい。
きんつば君は「単純なヤツ」「わかりやすい男子」です。
posted by はにー at 20:31| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: