2017年05月02日

まんぷくちゃんの2週間の進化

個人保護主のきのこです。GWは犬遊び三昧、シアワセ。

まんぷくちゃん、かなり進化をとげています。
来た当初、リビングに入れたら「出して〜」と言い続けていた→散歩に行きたいときだけ「出して〜」とアピール(それは、ただのワガママでは?)
静かに昼寝しているので気配がなくて「まだ、こてつ家にいるの?」と近所の人に聞かれます。
来た当初、余裕ゼロ→「台所のコンセントの穴が気になるわ」(あかん、それはあかんやつや〜)
「下宿お父さん、ケーキって美味しそうやね」(あかん、あなた要ダイエットです)
manpuku11.JPG
(先頭はのんちゃん)

じわじわと、我を出しているまんぷくちゃん(笑)。
犬は何歳になっても、(新しいものを受入れられる年齢である限り)変わります。環境によって、今まで知らなかった新しい顔が出てきます。
manpuku12.JPG
(ニオイ嗅がれ中)

これが!ほんと!すごい。
「**ちゃんは何々だから」と私も何度も思った。
そして何度も嬉しい意味で裏切られたので、断言できます。
manpuku13.JPG
(情報収集中)

そしてそして「新しいものを受入れられる年齢」は超えているんだろうなと思った、あの犬や、この犬も、里親さんのところに行ったら、変わった。
それに比べたら、まんぷくちゃんは、まだ小娘だ。
犬って、すごいわ。

ちょっとトウのたった小娘まんぷくちゃん、お見合いも待ってます。



posted by はにー at 10:08| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: